結婚式のご祝儀に必要な費用が足りない場合には、消費者金融会社のキャッシングサービスがおすすめです。30,000円程度でしたら、翌月のお給料で返済してしまえばほとんど負担がありません。しかも消費者金融会社のキャッシングサービスには、利息を支払わないで、借りた金額だけ返済するという方法もあります。それが無利息キャッシングというサービスです。

無利息キャッシングサービス無利息キャッシングサービスは、その名の通り利息を支払わないでもお金を借りる事ができる消費者金融会社のサービスです。なぜ利息を支払わなくてもよいのかというと、借りる事ができる期間の定めや、初めての方に限って利用できるといった縛りがあるからです。

初めてのキャッシングで30日間だけ無利息で借りることができたり、1週間だけであれば何度でも無利息で借りる事ができるようなサービスもあります。「ノーローン」で行っているサービスですが、これは上手に活用すればいつでも無利息キャッシングができることになりますので非常に便利なサービスです。

「なんどでも1週間無利息」なので、完済日の翌月以降のキャッシングについても、1週間無利息が適用されます。

ですが、もちろん期限内に返済できなければ当然利息などが加算されてしまいますので万能ではありません。こうしたサービスは次のお給料で30,000円のご祝儀代を返済できるのであれば、全く損なくご祝儀を支払う事が可能ですし、ボーナス時期が近いような場合には、結婚式のスーツなどを買う分のお金も用意する事ができます。ただし、必要な分だけをキャッシングする事や余裕を持って返済できる金額だけキャッシングするなどトラブルにならないような心がけは必要になります。

結婚するお二人の門出を祝福したいという気持ちは人一倍あるのだけれど、怪我や病気などで入院していた費用や他の結婚式やお葬式などがあり出費がかさんでしまったという場合もあります。どうしても30,000円以上は必要なご祝儀は経済的負担が大きく悩みの種になります。色々と手を尽くしてみてもご祝儀を用意できないという事も当然考えられます。そんな時には、キャッシングの一時利用などをしてお金を工面するという方法もおすすめです。

キャッシングもちろんお祝いしたいほど親しい友人ですから、正直にお金がないという事を伝えたら、もしかしたらご祝儀なんかいらないから出席して欲しいと言われることもあるでしょう。しかし、仲が良くこれから長く付き合っていく友達の結婚式にご祝儀を出す事ができなかったという事実は後悔として残ってしまう可能性が高くなります。

そんな時にはご祝儀の分だけ消費者金融会社のキャッシングサービスを利用するというのがおすすめです。消費者金融会社というだけでマイナスなイメージを持たれるかもしれませんが、最近では、低い利息で数万円をキャッシングして次のお給料で返している方が増えております。負担を最小限に抑えて返済する事ができますので、ご祝儀が足りないという方におすすめの方法です。

結婚式に参加してしっかりとご祝儀を支払ってお祝いしたいけれど、どうしてもお金がないというシーンに遭遇してしまう方も多いと思います。そんな時には結婚式に欠席し2次会だけ参加するという方法がおすすめです。どうしてもお金が無いような場合には、とりあえず結婚のお祝いに10,000円だけを包んで渡し、結婚式や披露宴を欠席するという方法もあります。また、参加費の平均が10,000円程度のことが多い二次会だけ参加したりすることによってできるだけ出費を抑えるようにできます。

クレジットカードまた、結婚式のお祝いをしたいけれど30,000円もだせないという方の場合には、同じ結婚式に参加する親しい友人や知人、会社の方の結婚式でしたら会社の同僚の方と連名でご祝儀を用意できないか相談するという方法もあります。また、周りの親しい参加者とご祝儀に包む金額を決めてしまうという方法もあります。これでしたら自分だけご祝儀が少なくなるような事もありません。

どうしても30,000円は無理という方は、プレゼントを用意するのもおすすめです。例えばご祝儀は20,000円にしておいて、残りの10,000円は少しお高目の新居用のプレゼントをするのもおすすめです。プレゼントでしたらクレジットカードが使えますので支払いを先延ばしにする事ができます。

結婚式のご祝儀

未分類

結婚式は本当におめでたいイベントですので、出席すると幸せをおすそ分けしてもらったようで嬉しくて楽しい気持ちになります。特に会社関係ではなく、昔から仲良くしている親しい友人や、兄弟などの親族の結婚式に招待された時には、誰でも心の底からしっかりと結婚されるお二人をお祝いしたいという気持ちが出てくる人も多いでしょう。結婚するお二人にとっては、長い人生を共に歩んで行くための宣誓とも言える大事なイベントです。何より結婚式は人生に一度きりの晴れ舞台ですので、結婚式に招待された場合には、なるべく失礼のないように、しっかりとご祝儀などの決められたルールに関しては結婚するお二人が不快にならないように注意したい所です。

ご祝儀結婚式のご祝儀に関しては、お祝いする相手との関係によって包む金額の相場は変わるのですが、友人や同僚であれば一般的には30,000円程度が相場となっています。この30,000円には、結婚する二人がいつまでも仲良く、決して別れないようにという奇数枚のお札を包む事がルールとして決まっております。しかし、20,000円を包むような場合には、10,000円札が二枚ですと分けられてしまいますので、10,000円札が1枚と5,000円札が二枚というように奇数で包むようにしましょう。

おめでたい結婚式も6月など多くの方が結婚するシーズンでは複数の結婚式などに呼ばれてしまいますので、ご祝儀がかさみ赤字になってしまうという人も少なくありません。こちらでは、ご祝儀が払えない時にどうしたらよいのかという対処法について紹介します。