お金がない時には

未分類

結婚式に参加してしっかりとご祝儀を支払ってお祝いしたいけれど、どうしてもお金がないというシーンに遭遇してしまう方も多いと思います。そんな時には結婚式に欠席し2次会だけ参加するという方法がおすすめです。どうしてもお金が無いような場合には、とりあえず結婚のお祝いに10,000円だけを包んで渡し、結婚式や披露宴を欠席するという方法もあります。また、参加費の平均が10,000円程度のことが多い二次会だけ参加したりすることによってできるだけ出費を抑えるようにできます。

クレジットカードまた、結婚式のお祝いをしたいけれど30,000円もだせないという方の場合には、同じ結婚式に参加する親しい友人や知人、会社の方の結婚式でしたら会社の同僚の方と連名でご祝儀を用意できないか相談するという方法もあります。また、周りの親しい参加者とご祝儀に包む金額を決めてしまうという方法もあります。これでしたら自分だけご祝儀が少なくなるような事もありません。

どうしても30,000円は無理という方は、プレゼントを用意するのもおすすめです。例えばご祝儀は20,000円にしておいて、残りの10,000円は少しお高目の新居用のプレゼントをするのもおすすめです。プレゼントでしたらクレジットカードが使えますので支払いを先延ばしにする事ができます。

Pocket